メニュー

ケロイド・肥厚性瘢痕

きずが治っていくために、人の体内では傷の周囲に毛細血管を新生(新たに作り出す)させたり、コラーゲン繊維の産生が積極的に行われていきます。通常の場合、時間とともにこれらの反応は徐々に落ち着いていき、白いきずあと(成熟瘢痕)になります。しかし、この間に線維成分や血管成分が過剰に増えてしまうと、ケロイドや肥厚性瘢痕と呼ばれる状態になってしまいます。見た目の問題だけでなく、皮膚がひきつれや、関節が思うよう伸ばせない原因になるときがあります。

肥厚性瘢痕とは

肥厚性瘢痕とは、通常よりも長い間、キズが赤くミミズ腫れのように盛り上がってしまいます。あまりキズの範囲を超えて広がっていくことはありません。痛みやかゆみの症状を伴う場合があります。

ケロイドとは

ケロイドでは、症状が強く、キズの範囲を超えて正常の皮膚まで赤い盛り上がりが拡大してしまいます。痛みやかゆみも肥厚性瘢痕より強い場合が多いです。

ケロイド・肥厚性瘢痕になりやすい場所

できやすい部位は、耳・前胸部・下腹部・肩・膝などが知られています。

耳はピアスの傷がきっかけで発症することが多いです。

前胸部ではニキビや胸部手術がきっかけで発症することが多いです。

下腹部は腹部の手術や帝王切開後の縫合部から起こることが多いです。

肩、膝のように動きや緊張のかかる部位の傷はケロイドになりやすいと言われています。

ケロイド・肥厚性瘢痕の治療

圧迫療法

テープやスポンジ、サポーター、シリコンゲルシートなどによる圧迫をおこなうことで病変部の固定と安静を保ちます。

内服薬

トラニラスト(リザベン®)という抗アレルギー薬があります。皮膚線維細胞の増殖を抑える効果があり、痛みや、かゆみの改善・予防効果があります。しかし、比較的長期間の内服が必要で、多くはありませんが膀胱炎症状や肝障害、腎障害などの副作用が出現する場合もあるので、使用する場合は定期的な採血検査も必要です。

外用薬

ステロイドテープは病変部に1日1回12時間から24時間貼ることで炎症を抑えます。テープかぶれなどを伴いやすい場合はステロイド軟膏を使用することもあります。保湿を目的にヘパリン類似物質を用いる場合もあります。

ステロイド注射

ステロイドを直接病変部に注射します。注射自体は少し痛みを伴いますが効果は比較的強いです。当院では1ヶ月に1度の注射で症状を見ながら何度か行う方針としています。

手術治療

ケロイド・肥厚性瘢痕は傷からできるものなので基本的には保存的治療を第1に考えます。例えば、耳垂(耳たぶ)のケロイドは比較的再発率が低いので手術の適応になりやすいです。他にも、術後の安静やステロイド注射などの後療法をしっかり行うことを前提に手術を行う場合もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME