メニュー

虫刺され

 「虫刺され」は大変身近な皮膚疾患です。一般的には蚊やノミに刺されたことによって生じます。刺された虫によって症状症状は異なりますが一般的には、痛み、赤み、腫れ、かゆみ、水ぶくれなどが起きます。アレルギー反応にはすぐに症状が出る即時型反応と、1から2日程度経過してから症状が出現する遅延型反応があります。

虫刺されの原因となる虫はいくつかの種類に分けられます。
蚊、ブユ、アブ、ノミ、トコジラミなどの血を吸う虫、ハチ、アリなどの刺す虫、クモ、ムカデなどの咬む虫、ケムシなど触れることで皮膚炎をおこす虫が挙げられます。またクラゲやヒトデ、魚類などの海生動物も時に皮膚炎の原因になります。

通常は外用薬によって治療しますが、症状がひどいときには、飲み薬を使用する場合もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME