メニュー

耳の変形・異常

耳の変形・異常(耳介変形)

生まれつき、耳の形が変形している場合があります。変形の種類としては、「折れ耳」「埋没耳」「立ち耳」「スタール耳」「先天性耳垂裂」など種々ものがあります。他にも、病名がつかないような軽い耳の変形もあります。耳介変形は、新生児・乳児期であれば、矯正装具を装着することである程度矯正できる場合が多いです。生後できるだけ早く矯正治療を開始する方が効果的なので、できるだけ早い受診をお勧めします。

さまざまな理由で矯正治療が難しい場合や、ある程度耳が成長してしまって矯正困難な場合には、手術により耳の形を整えることを提案することもあります。

他にも、「副耳」「耳瘻孔」などの異常もあります。

耳介はピアスの穴がケロイドになったり「ピアスケロイド」、ピアスで裂けた「外傷性耳垂裂」、強くこすれて血がたまる「耳介血腫」などほかにも様々な原因により形の異常を生じる場合もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME