メニュー

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂症では、上まぶたが下がってしまい、十分に上げられないない状態になってしまいます。上まぶたが上がりにくいため、額にしわを寄せて頑張って眼を開けようとしたり、あごを上げて下目使いでものを見るようになります。眼瞼下垂の症状がさらに強くなると、瞳孔まで覆いかぶさり、ものが見えにくくなってしまいます。症状は他にも、眠そうに見える、肩こり、頭痛、疲れるなどがあります。朝のうちは症状が軽くても夕方になると疲れてより症状が強くなる場合もあります。

 

眼瞼下垂の原因

 まぶたを上げる「眼瞼挙筋」が様々な原因で障害を受けるため眼瞼下垂が起こります。

「先天性眼瞼下垂」では生まれつき眼瞼挙筋の発達が悪いためおこります。「加齢性眼瞼下垂」では加齢とともに眼瞼挙筋がゆるんだり外れたりして起こります。他にも、外傷後やハードコンタクトレンズの使用や重症筋無力症の症状として起きる場合もあります。

眼瞼下垂の治療

見た目の問題だけではなく実際に見えにくいといった症状がある場合は健康保険が適応されます。症状や原因に合わせ局所麻酔での手術を行います。ゆるんでしまった眼瞼挙筋を瞼板に付け直したり、短縮します。皮膚にあまりがある場合は同時に切除することもあります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME