メニュー

手荒れ(手湿疹)

手荒れ(手湿疹)とは

水仕事や、紙を頻繁に扱う仕事をしていると、手の皮脂や角質が落ちてしまうので、皮膚のバリア機能が弱まってしまいます。そのため、刺激に対して反応しやすくなり手荒れ(手湿疹)が起こりやすくなります。手や指の肌が乾燥し、かさついたり、ひび割れたり、赤みがでたりといった症状が出現します。

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染予防のため仕方がないのですが、頻回の手洗いやアルコールスプレーなどの消毒薬の使用で悪化する方も多いです。

症状が強いと痒みや痛みを生じます。季節は冬に多く、特に主婦、美容師、調理師、銀行員、医療関係者など手をよく洗う方にみられやすい病気です。悪化原因となる仕事を中止できない方は特に治りにくいことが多いです。症状を繰り返す方は、パッチテスト(アレルギー検査)をすることもあります。

特に冬場は乾燥し、指にキレツができると痛みを伴いつらいものです。 また爪の周りの炎症が続くと爪が変形してしまうこともあります。

治療法

当院での治療の基本は保湿剤と外用療法が基本となります。保湿剤でしっかり保湿をして皮膚を保護し、刺激から皮膚を守ります。慣れるまで大変ですが、手洗いの度に塗りましょう。
炎症が強い場合はステロイド外用を使用します。症状や炎症の程度や外用剤の反応を見ながらステロイド外用薬の強さを変更していきます。
外用薬だけでは痒みがひどい方は、抗アレルギー剤や紫外線療法(エキシマレーザー)を併用することもあります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME