メニュー

帯状疱疹

帯状疱疹とは

水痘・帯状疱疹ウイルスは、まず水痘(みずぼうそう)を起こします。いったん治癒するのですが、この時に神経を伝わってウイルスが潜伏するといわれています。これを潜伏感染と呼ぶのですが、ウイルスが加齢などの免疫力の低下や疲労やストレスを誘因として、再活性化して発症するのが帯状疱疹です。

体の片側の一部に痛みを感じ、赤い発疹や水ぶくれが帯状に出現します。痛みは増していき、夜も眠れないほど激しくなることもあります。

治療はウイルスの増殖を抑える目的に抗ウイルス剤を使います。また、神経痛を和らげる鎮痛剤等を使用します。塗り薬を塗る場合もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME