メニュー

シミ

シミとは

顔面や腕、手の甲にできる褐色~黒色の色素斑のことを一般的に「シミ」と呼びます。シミと一言で言っていますが、実はいろいろな種類があり、加齢、紫外線、ホルモンバランスなどの様々な原因が関連して起こってきます。そのため、治療法は種類によりそれぞれ変わります。シミの中には悪性の皮膚癌が紛れ込んでいることもあり、診断が必要な場合もあります。

シミの種類

シミには、肝斑、老人性色素斑、そばかす、炎症後色素沈着、後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)などがあります。場合によっては複数の疾患が混在していることもあります。

肝斑

肝斑は、主に30~40歳の女性の頬部を中心に左右対称に生じることが多いシミです。淡い褐色のシミが頬、ひたい中央、鼻の下などに現れます。紫外線や女性ホルモン、ストレスなどが関係していると考えられています。また、普段の洗顔や化粧落としにおいて、肌をこすりすぎることも関係していると考えられています。当院では自費診療となります。

老人性色素斑

日光黒子や老人斑などとも呼ばれ、ほとんどの中年以降の男女に出現します。主に頬やこめかみ等の顔や手の甲、前腕や下腿などの日光によく当たる部位に、種々の大きさの茶色い円形の斑点が左右非対称に多発性に出現します。レーザー治療などは自費診療の対象となります。

炎症後色素沈着

けが、やけど、湿疹、ニキビなど、皮膚が炎症を起こしてある程度時間がたった後に色素沈着を起こします。この色素斑を炎症後色素沈着と呼びます。他にも手術のキズ跡、レーザー治療の後、液体窒素の治療後にも同様に色素沈着が起きることがあります。保険診療の対象です。

そばかす

そばかすは雀卵斑(じゃくらんはん)と言います。5〜6歳の幼児期くらいから、顔の鼻から頬を中心に細かい褐色斑が散らばるように発生します。思春期頃に最も悪化するといわれ、20歳以降はだんだん薄くなりますが、個人差があります。夏の紫外線の強い時期に色が濃くなり、冬には少し目立たなくなる傾向にあります。

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

先ほど述べてきたシミは、皮膚の浅い部分である表皮にメラニンが増えていたのですが、後天性真皮メラノサイトーシスは皮膚の深部である「真皮」で色素を作る細胞が活性化してしまうことが原因で起こります。20歳以降に両側の頬に小さい斑点状のシミとして出現します。しばしば肝斑やソバカスと合併することがあるので、見分けるのが難しいシミの一つです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME