メニュー

たこ・魚の目

たこと魚の目は慢性的な物理的刺激を皮膚が受け続けた結果、角質が肥厚してしまう病変です。原因としては合っていない靴の使用、外反母趾などの足趾(あしゆび)の変形、クッションとなる脂肪の減少などがあります。

たこ(胼胝)は角質がなだらかに分厚くなるためあまり痛くありませんが、魚の目(鶏眼)には芯があるため真皮へ食い込むので歩行時に痛みが生じます。

少し硬いぐらいであれば問題ないのですが、歩く時に痛みを感じるようであれば、治療した方が良いと考えます。当院での治療としては、専用のメスやニッパーなどを用いて硬い部分を削っていきます。魚の目の芯をできるだけ取り除くことで、痛みの改善につながっていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME