メニュー

ワキ汗(原発性腋窩多汗症)

原発性腋窩多汗症とは

原発性腋窩多汗症とは、明らかな原因がないにもかかわらず、腋の下に日常生活に差し支える程の多量の汗をかく病気のことをいいます。ワキ汗パッドが手放せなかったり、何度も服を着替えなければならなかったり、汗じみしていないかいつも気になってしまうなどの症状があります。他にも汗が目立たない色を選ぶので好きな色の服が着られない、ゆったりした服を選ばなければならないことで困っておられる方や、仕事や勉強に集中できずに悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

原発性腋窩多汗症の診断基準

診断の際に使用される以下の6項目が定められています。

  • 最初に症状がでるのが 25 歳以下であること
  • 対称性に発汗がみられること
  • 睡眠中は発汗が止まっていること
  • 1 週間に 1 回以上多汗のエピソードがあること
  • 家族歴がみられること
  • それらによって日常生活に支障をきたすこと

この6項目のうち2項目以上があてはまる状況が半年以上認められ、かつ原因となる病気がないときに原発性腋窩多汗症であると診断されます。

 

原発性腋窩多汗症の重症度

以下の分類で重症度を判定しています。

Hyperhidrosis Diseaseb Severity Scale(HDSS)

①発汗は全く気にならず、日常生活に支障がない

②発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある

③発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある

④発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

③~④を重症の腋窩多汗症と判断します。

 

治療の主な目的

原発性腋窩多汗症の治療の目的は、生活の質を下げないことです。できれば汗をかかずに済むのが目標ですが、それが難しくても生活に差し支えない状態まで汗を出さないようにするというのが1つの目標になります。

原発性腋窩多汗症の治療治療

エクロック®ゲル

エクロックゲルは、健康保険の適用が認められた薬で、交感神経から汗腺への伝達刺激を阻害することで発汗を抑える効果があります。使い方は1日1回、専用のアプリケーターを使用して両わき全体に塗布します。12歳以上の患者さんに適応です。

ラピフォート®ワイプ

ラピフォートワイプも保険適応が認められた薬です。特徴はワイプ製剤でアプリケーターが不要で、1日1回、1包に封入されている不織布1枚を用いて両腋に塗布します。9歳以上の患者さんに適応です。

 

エクロックゲル 1本40g(28日分) 9704円 (3割負担の方で3235円)です。 

ラピフォートワイプ 1枚 262円 14日分で3668円 (3割負担の方で1100円)です。新医薬品のため2023年4月末までは、1回14日分が限度です。

これらの薬剤のついた手で顔や目をこすったりすると、目が霞むなどの副作用が出ることがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME