メニュー

やけど(熱傷)

やけど(熱傷)とは

やけど(熱傷)は日常生活においてケガとともに多い外傷の一つです。

皮膚に高温のお湯や油がかかったり、アイロンやストーブに直接接触したり、火炎・爆発などで起こる外傷をさします。湯たんぽなのどの比較的低い温度で生じてしまう低温やけどもあります。

もし、やけどをしてしまった時は

やけどは、はじめの治療がとても大切です。やけどをしたら応急処置として、すぐに10度から15度の流水で洗い流してしっかりと冷やすことが効果的です。そのあとはできるだけ早く病院を受診してください。やけどの範囲や重症度をしっかりと診断してもらう必要があります。やけどの深さや範囲で処置や治療の方法が変わってくるためです。

やけどの重症度

 

Ⅰ度

Ⅱ度

Ⅲ度

損傷の深さ

表皮(皮膚の表面)

真皮(皮膚の深い部分)

皮膚全層・皮下脂肪まで

症状(外見)

充血、赤み

水ぶくれ

黒色化、白色化

症状(自覚)

熱感、痛み

痛み

感覚なし、無痛

治癒期間

数日

1~4週間

1ヶ月以上

傷跡

残らない

残る場合と残らない場合がある

残る

やけどは上の表のように皮膚のどこまでの深さまで熱のダメージが及んだかにより3種類に分かれます。やけどはできるだけ傷跡を残さないように治療を行うのが基本ですが、残ってしまった傷跡に対しても、当院では治療を行っています。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME