メニュー

ほくろ・母斑

ほくろ・母斑とは

いわゆる「ホクロ」です。生まれつきからあるものや、あとから出現する場合もあります。
大きさも大小さまざまで、平坦なものから盛り上がったものまで存在します。
色味も黒いものから茶色のものまで多種多様あります。
時には毛が生えたりすることもあります。

ほくろのなかには「母斑細胞」と言われる細胞が表皮と真皮の境目もしくは真皮の中に存在して、メラニン色素を作り出すので、茶色ないし黒色に見えるのです。

小さな色素性母斑は悪性化することはあまりありません。
また、足の裏や手のひらのホクロも悪性化しやすいとは言われますが、それほど頻度が高いわけではありません。

ただし、ホクロがいつのまにかできて次第に大きくなる、色調に濃淡がある、形が左右対称はなくいびつである、境界が不明瞭、傷ができて治らないなどの症状を伴う場合は悪性化の可能性があるため、早めの受診をおすすめします。

診断

専門医の目で腫瘍の性状を診たり、特殊な拡大鏡であるダーモスコープを用いたりして検査をすることで、良性か悪性かを判断します。
場合によっては触診(触って診察)したりもします。
それを行ってもどうしても良性か悪性かの判断が難しい場合には局所麻酔をして皮膚の一部を切除(生検)して、病理組織検査を行います。

治療

直径数mmまでの小さなほくろは炭酸ガスレーザーなどで母斑全体を焼き取る方法があります(自費診療)。
メスまたはパンチを使って小さくくり抜く方法もあります。
悪性化の心配がある場合はくり抜いた組織を病理検査します。
くり抜いたあとは通常は縫合せず、傷が治るまで軟膏治療を行います。

数mm以上の場合は、紡錘形(木の葉型)に切除して縫い合わせる方法が一般的です。
大きなものの場合は、「分割切除」と言って2、3回に分けて少しずつ切り取っていく方法もあります。
保険医療の範囲で可能な治療ですが、一部の治療には保険適応外(自費診療)のものがあります。
ほくろの大きさやできる場所などにより適した治療法があるのでご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME