メニュー

にきび

にきびとは

にきびは、毛穴の出口が詰まることで、毛穴の中に皮脂がたまることで始まります。この状態を面皰(めんぽう)と呼びます。毛穴の先が閉じている「白にきび」と、毛穴の先が開いている「黒にきび」があります。面皰の中ではアクネ菌が増えやすい環境にあります。アクネ菌は皮膚に普通に存在している菌で通常は悪さをしないのですが、面皰の中で増殖すると炎症を起こして赤いぶつぶつした「赤にきび」や膿がたまった「黄にきび」を引き起こします。炎症が進むと膿がたまったぶつぶつ(膿疱(のうほう))になります。
これよりも炎症がひどくなると、皮膚の下に膿がたまった「嚢腫」や炎症が硬くなった「結節」になったりします。盛り上がってケロイド状になったり、へこんだ傷跡が残ってしまう場合があります。

にきびの治療

炎症を起こしてしまったにきびに対しては抗菌薬の塗り薬や飲み薬を使用します。毛穴の詰まりに対してはピーリング作用を持つ塗り薬を使用します。これらを組み合わせて治療を行なっていきます。ビタミン剤や漢方薬を併用する場合もあります。

ピーリング作用を持つ薬には、乾燥、皮膚のカサカサ、赤み、ヒリヒリ感、かゆみなどの副作用があります。多くは最初の2週間以内にみられ、その後次第にやわらいできますが、初めは保湿ケアのあとに小範囲から始めて徐々に塗る範囲を広げていきます。顔が腫れてきた場合は、薬にかぶれた可能性もあるので、早めの受診をおねがいします。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME