メニュー

かぶれ・湿疹

かぶれとは

かぶれとは接触皮膚炎のことを言います。接触皮膚炎は大きく刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎に分けられます。

刺激性接触皮膚炎は赤ちゃんのおむつかぶれが代表的です。おむつをのなかで蒸れたり、皮膚が尿や便に触れたりすることが刺激となり炎症を起こします。「おむつ皮膚炎」と呼ばれることもあります。

アレルギー性接触皮膚炎は、例えば植物やピアスなどの金属、化学物質、化粧品、衣類など、身の回りにあるあらゆる物によるかぶれです。また、薬局で購入した薬や、医療機関で処方される薬でもかぶれる場合もあります。詳細な問診や検査で原因を明らかにし、原因となる物質(アレルゲンと言います)との接触を避けることが重要です。

治療として、炎症を抑えることと目的にステロイド外用薬を用います。シミになることを防ぐことができます。かゆみの症状が強い場合にはかゆみ止めの抗ヒスタミン薬を飲むこともあります。

湿疹とは

湿疹の症状として、皮膚が赤くなったり、かゆみがでたり、汁(滲出液)がでたり、かさぶたが付いたりといった様々な症状を示します。湿疹は様々な原因で起こった皮膚の炎症反応の結果です。

例えば、アトピー性皮膚炎、かぶれ(接触皮膚炎)、あせも(汗疹)も湿疹の原因であり、加齢と共に起きる脂漏性湿疹・皮脂欠乏性湿疹(乾燥性湿疹)も湿疹となります。

患者さんのお話を聞き、皮膚の状態をしっかり観察しすることで、湿疹の原因を明らかにしてそれぞれに沿った治療を行っていくことが重要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME